反復収束法を用いた弾塑性有限要素法による 定常切削過程の切削機構解析の結果例その1



反復収束法を用いた熱弾塑性FEMにより,定常切削過程の温度のグラデーション表示のアニメーションGIFです.

mail

usaflag 英語版

All Rights Reserved by Jun Shinozuka.
Unauthorized duplication shall be a violation of applicable laws.


rball 工具すくい面上の応力と温度分布を見る
yball 参考文献
gball しのづかじゅんのホームページへ戻る

二次元定常過程の切削機構(切りくず生成,切削力,切削温度分布, 工具すくい面上の応力分布など)は 反復収束法を用いた熱弾塑性FEMで解析できます. 切削機構を詳細に解析するために,被削材の流動応力特性は, ひずみ,ひずみ速度,温度,さらにこれらの履歴効果を考慮できるモデルを 使用しています.

Influence of rake angle

第一すくい角が切削温度に及ぼす影響
工具形状は工具すくい面が平坦な単一すくい面工具の場合です.
これらの結果は,温度分布を示しています.

Influence of cutting condition

切削条件(切削厚さ)が切削温度に及ぼす影響
工具形状は工具すくい面上に凹凸があるチップブレーカ付き工具の場合です.
これらの結果は,温度分布を示しています.


gball 先頭へ戻る